f:id:syosakoi:20150216210027j:plain

 

この高血圧自力改善ブログを書き始めて

  • 高血圧の基礎知識
  • 降圧剤の種類
  • 効用・副作用等

いろいろな知識や考え方を学ぶことができました。

 

★一般的な医師の高血圧に対する考え方

 

医師は高血圧をどのように考えているのか気になって

ネットで調べてみました。

  • 「降圧剤の使用が脳卒中を防ぐ最もよい方法である。」
  • 「高血圧は降圧剤で管理するべきである」
  • 「降圧剤の副作用は命にかかわるような副作用ではない」

のように、降圧剤の使用を肯定している医師がほとんです。

 

ところが、生活習慣改善の指導を

真剣に考えている医師の意見もありました。

 

★素晴らしい医師の高血圧に対する考え方

 

▶院長Blog » 降圧剤を飲み始めたら止められない?

 

f:id:syosakoi:20170725170533p:plain

 

※院長ブログの記事より抜粋しました。

 

昨日、高血圧症の患者さんが受診され、

薬を飲み始めると一生止められないと聞いているので、

それがいやで受診せずに今日まで放置していた」とのこと。

 

この様な訴えは非常に多いです。

なぜなんでしょう?

話を聞いていると

  • たばこ30本
  • アルコールビール1本、
  • 運動無し
  • 夜の食事が遅い
  • ストレスは強い。
  • 血圧を上げる要因は極めて多いのです。

 

いつも私がお話しするのは、

  • 私は薬を出すのが嫌いです。
  • でも高いときには服用すべきです。
  • 服用と並行して止める努力が必要です。

 

当たり前ですが、そうしないと薬を止めることは出来ません。

患者さんには理解していただけたと思います。

 

いつも行うことですが、

こちらも患者さんの日常生活が分からないので、

  • 1週間患者さんの消費カロリーを計算する万歩計
  • 摂取カロリーと栄養の内訳を解析できるチェクシート

 

をお渡ししました。

それと現時点での最低量の降圧剤を処方しました。

その結果を見てから生活改善指導に入ります。

 

 

院長先生の考え方は、

  • 高血圧症はご存知のように生活習慣病です。
  • 生活習慣の偏りが様々な身体への影響を及ぼしています。
  • 体重を3K減らすだけで血圧は10ほど下がります。
  • たばこを止めるだけでも血圧は下がります。
  • 適切な運動をするだけで血圧も下がります。
  • 私が負荷心電図などから作成した運動処方箋にそって             運動されている方はすでに20人ほどが薬を中止か減量しています。
  • 実を言うと私も血圧が高く、少量の降圧剤を服用しています。
  • 今では食事と運動などで血圧は下がり、上が100前後です。
  • 近々中止する方向です。

 

来年から基本検診法が改訂され、

かなり積極的な生活指導が義務化されます。

 

医療側も

  • 「がんばって歩きなさいよ。」
  • 「あまりアルコールを飲み過ぎないように。」
  • 「たばこを減らしなさいよ。」

 患者側も

  • 「犬の散歩に行ってます。気がついたら身体動かしてます。」
  • 「ビール止めて焼酎にしています。」
  • 「たばこは軽いのに変えました。」といった
  • いい加減な指示や行動では成果は出ないでしょう。

 

厚労省の具体的な対策が先日発表されました。

いよいよ医療側も患者側も正念場になりそうです。(院長:安田雄司)

 

このような素晴らしい考え方と

治療をされている医師もいらっしゃるのですね。

特に、この治療法に感激しました。

 

いつも行うことですが、

こちらも患者さんの日常生活が分からないので、

  • 1週間患者さんの消費カロリーを計算する万歩計
  • 摂取カロリーと栄養の内訳を解析できるチェクシート

 

をお渡ししました。

それと現時点での最低量の降圧剤を処方しました。

その結果を見てから生活改善指導に入ります。

 

これだけの言葉をサラリと書くだけの

病院があるでしょうか?凄いことです。

京都で高血圧の方は、ぜひ「やすだ医院」へ

 


私もこんな医師に巡りあいたかったです。

 

しかし、以前の私であれば、

院長Blogの安田先生に診察していただいたとしても

真剣に高血圧改善に取り組むことは、しなかったでしょう。

 

その理由は、

  • 脳出血を体験していないので、高血圧の怖さをしらない
  • 降圧剤の副作用の怖さを知らない。
  • 働き盛りで仕事も面白い時期だったので仕事を優先した

人は、自分で体験しないと

行動を起こすまでに至らないのかもしれません。

 

しかし、本当はそれでは遅い間に合わないのです。

 

★自分が主治医になる必要性

どんな病気でも同じかもしれませんが、

特に、高血圧や糖尿病などの場合で、

生活習慣病を改善するためには、

「自分が主治医になる」考え方が必要だと思います。

 

私は、どのような医師に巡りあうことができるか

運・不運はあるかもしれませんが、

 

高血圧の症や糖尿病などの生活習慣病は

「自分が主治医」と考えて自ら原因と対策を考えない限り

改善しない病気だという思いを強くしました。

 

f:id:syosakoi:20150216210507p:plain

 

もし、皆さんが自分が自分の主治医なら

今の高血圧の状態をどうされますか

  • 患者さんに説明できる高血圧の知識を身につける
  • 現在の血圧基準がどんなデータに基づき定められたのか。
  • 降圧剤の種類・効用・副作用についてよく調べ、説明。
  • 降圧剤の組合せにも配慮し、必要最低限の量を処方。
  • 患者さんの生活習慣を把握する。
  • 患者さんのデータに基づいて活習慣の改善を指導。 

 

おそらく、上記のような診察を行って下さる

安田院長のような医師に巡り会うことは

たいへんまれなことだと思います。

 

また、時間的に一人の患者さんのことを

そこまで考慮することは現実的には難しいと思います。

 

仮にそういった医師に巡り会えたとしても

お酒を毎日飲んで、タバコを吸って

好きなだけ食べて、食事が深夜近くになる

不規則な生活を続けていたのでは、

高血圧が改善するはずもありません。

 

自分が主治医になったときの行動

 

自分が主治医になれば生活習慣も詳細にわかります。

何が不足しているのか、何を改善しなければならない

のかも明確にわかります。

 

言い訳する余地はありません。

 

  • 血圧を毎日測定。
  • 高血圧・降圧剤について勉強。
  • 肥満解消のため食事を見直し。
  • できる運動から始める
  • よいと思われる水・お茶・サプリを飲む
  • 穏やかな気持ちで毎日を過ごしていく

ようになると思います。

 

脳卒中や心筋梗塞になってからでは遅いのです。

 

死亡してから後悔してもしかたがありません。

 

愛する家族のためにも!

自分らしい人生をまっとうするためにも!

 

★まとめ

以上が、「高血圧を自力で改善するには

自分が主治医となり原因と対策を考える」の内容です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。